スポンサーサイト

  • 2014.12.13 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


おしどり

公園の池に飛来した「おしどり」
この日の数は少ないようだが
二つのグループが有るらしい


↑ まさに「おしどり」









↑ マガモも仲良く交じって居ます。
 

オシドリ


お隣さんが「山田池にオシドリが一杯来てるで〜・・」
愛犬のコーディー君に毎朝起され、「山田池公園」へ散歩に行っているそうな。

公園までは車で行くため、「毎日の駐車場料金も馬鹿にならん」・・と、ぼやく
この日も、公園の散歩から満足気な顔で帰って来たコーディー君

車から降りると、こちらを見て挨拶代わりに甘えた声で「ウワ〜ン」と一声
短い尾っぽを2〜3回振って、さっさと家の中へ入った。

オシドリ観察は早朝が良いとの事で
翌日の早朝、6時頃行ってみた。

(山田池公園・・大阪府枚方市山田池公園1−1   山田池公園ホームページ


↑  コーディー君(ミニチュアシュナウザー 雄4歳) 少々メタボ気味。散歩は好きだが休憩が多いとか・・



↑  早朝に行って見るとこの通り。ただ、警戒心が強くこちらの気配を感じると、直ぐ茂みの中に隠れるため、写真を撮るには根気比べになる。








渡り鳥たち


寒くなるにつれ、川や池に多くの野鳥を見かけるようになりました。

なかでも、圧倒的に多いのが「カモ」
11月頃から少しずつ見かけるようになり
その頃は未だオス・メスの区別がつけ難い程でした。

今になるとハッキリ判別でき、カップルも増えています。

カップルによって行動は様々で
オスがスイスイと前を行き、メスがその後を追うカップル
逆に、メスが先を行きオスが後を追うカップル。

写真を撮っていると
散歩中か?傍で立ち止まって見ていた老夫婦のご主人

「カモも人間も一緒でんな、あのツガイはメスの方が強そうや」
「そうですね、オスが後から付いて行ってますね」

成長したカモ達、やがて旅立って行くことでしょう。







↑  飛び立つわけでもなく羽ばたいているが、何を意味しているのでしょうか?




↑  この辺りでは私は始めて見る鳥ですが、クチバシの長さから「しぎ」の仲間でしょうか?

カモ


この冬一番の冷え込み・・
家の中でもけっこう寒い
「どうせ寒いんなら表へ出て行ったれ・・」

午後から、カメラを持って淀川の方へ・・
ママチャリで走ること約20分
カモが飛来する場所に到着

午後とあってカメラマンは居ない
ましてや今日は平日でもある

この寒空に釣り人が一人・・
防寒具に身をかため、釣り糸を垂れている

川風に吹かれて余計に寒い
珍しいカモも見当たらない
早々に切り上げ帰ります。























↑  逆立ちして食事中




↑  一羽が何か合図のような声を発し、一斉に飛び立つカモ。

ユリカモメ


 12月も後半になり、真冬並みの寒さになってきました。

 今年も余す所31日のみ・・
早いですね・・・一年は・・・

 年を経るごとに一年が早くなる感じです
先は短くなるし・・一年は早く感じるし・・

 そんな、しょうもない事を思いながら
そろそろ「ユリカモメ」が来ている頃と
淀川の方へ行って見ました。

 やっぱり、来とる来とる・・ぎょうさん来とる。


↑  菓子パンを取り出した途端です、目ざとく見つけたかワ〜ッと一斉に飛んできました。



















↑  遊びに来ていた親娘にパンをあげる、楽しさ半分怖さ半分でパンを撒くママ。

シラサギ


 十人十色と言いますが
歩き方も人それぞれですね。

 朝・夕に散歩やウォーキングする人は
ほぼ決まった時刻にしているようです。

 名前は知らないが、歩き方であの人、この人と
中には100メートルほど離れていても
歩き方で分る人が3人います。

 一人は、足幅は肩幅間隔で膝をあまり曲げず、とに角ピッチが早い。

 二人目は、姿勢はウォーキングの基本通りといった感じだが
手は前には出ているが後ろへ殆ど引かない歩き方。

 もう一人は、右手は左足に平行に振っているが
何故か、左手は斜めに振れている。

 マラソンの選手でも、走る姿勢は様々
普通の人がどんな姿勢で歩こうが、何の不思議も無いが
この3人に共通することは、とに角歩くのが早い・・

 「正しい姿勢で歩いたらどれだけ早いんやろ」
そんな思いで、後姿を見ながら歩いています。

 少し足を延ばした先の池では、多くのシラサギ?を見ました。



↑  このグループは静かにたたずんでいます。




↑  やがて一斉に飛び立っていきました。




↑  こちらのグループは餌を獲るのに夢中の様子。




↑  なにやら小魚のようなものを獲りました。




↑  手前の2羽が餌を獲ったようです。




↑  ここにも生存競争が有るようで、やがて餌場をめぐって争いが始まりました。
仲良く餌を・・とはいかないようです。

ウグイス


 久しぶりに早朝の散歩
日中は夏日でも、未だ未だこの時期
少しヒンヤリする。

 それでも少し冷たい朝の空気は心地よい
歩くうち、目覚めきっていなかった脳も
次第にシャキッとしてくる。

 朝とあって、野鳥のさえずりも活発で
とりわけ耳に付くのはウグイスで・・
上手に鳴く奴・・下手な奴・・

 この先大丈夫かな
・・と思うほど下手な奴もいる
これも早朝散歩の楽しみか・・



↑  声の割には地味な姿のウグイス。




↑  口を一杯開け上手に鳴いていたウグイス。








キジ


 淀川沿いの遊歩道
川沿いの茂みの辺りで
キジの鳴く声が聞こえた。

 この辺りでは鳴き声は時々聞く
今迄で姿を見たのは一度だけ
それもメスのキジ
メスは何の飾りも無く至って平凡。

 鳥は派手なオスに対し
メスは考えられないほど地味
鳥は他の生き物に比べ
雄雌の区別がし易い。

 今日見掛けたキジは幸いなことに雄
何とも鮮やかな衣装をまとっている
遠目では有るが
歌舞伎役者顔負けの顔をしている。










↑  こちらに気付いたのか振り返ってこっちを見ている。

メジロ・・いろいろ


 この二三日は三月下旬から、四月上旬の気温とか
今月の初めからは想像できない程の温かさ・・・
朝方目が覚め、外を見ると明るくなりだした。

 久しぶりに朝の散歩に出てみる気になった
気温の上昇がその気にさせた
今月の初めの気温では、とても無理な話
近くの川の遊歩道を歩く。

 思ったより人通りが多い
姿、格好から見ると、ウォーキングや散歩と判る
ウォーキングの人は勿論だが
散歩の人でも結構な速度で歩いている
総じて元気そのもの、という感じ。

 夕方歩く人は、早い人ゆっくり歩く人等まちまちで
結構歩き難い
それに比べると、朝は足早の人が殆どで
どんどん追い越されて行く。
  
 時折、川面のカモを見ながらマイペースで歩く
一時間半の散歩で朝の空気を吸い
家に帰り朝飯の前ではあるが
新聞を見ながらコーヒーを一杯・・・・うん 美味い。




 公園の梅にメジロが来て忙しげに花を突付いている、蜜を吸っているのか色んな姿、形を見せてくれる。





















ゆりかもめ


寒くなり今年も来ましたユリカモメ
沢山飛来しています。

手を回すだけでドッと寄って来ます
何時も餌を貰っているのでしょう。

馴れたものです
あまり怖がりません
何時も水の上でプカプカ浮いています。

餌らしきものを食べている所を
見た事が有りません
何を餌にしているのでしょうかね?






















calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
ハロー!パソコン教室
ハローパソコン教室 公式サイト
みんなのブログ
ハロー!でつながるみんなのブログ
カレンダー
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM