スポンサーサイト

  • 2014.12.13 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


とんど焼

 15日は「とんど焼」の日
我が家では、元旦・えびす祭り・とんど焼・・と続いた1月の行事
後は、「お年玉年賀はがき」の発表を待つのみ。 
 
 残念ながら、くじ運・博才は皆無の身
お年玉はがきの当選は・・まぁ無理か?

 そんな事を思いながら
正月の飾り物を下し、とんど焼が行われている「片埜神社」へ
近年、しめ飾りをする家が少なくなったようで
9時頃になると、火勢はチョロチョロ状態。

 10年も前は、この時刻なら火柱が上がっていたものだが
・・と思いながら、チョロ火の中に入れて焼いて貰い
家族の無病息災をお願いして帰る。



↑ 「とんど焼き」で暖をとる参拝者。

 

えびす祭り


9日〜11日は「えびす祭り」で、11日の今日は「残り福」
商売には全く関係ない我が家ではあるが
近くの「片埜神社」へ散歩がてらに参拝に行く

(片埜神社・・大阪府枚方市牧野坂2-21-15)


↑ 正面の山門から入り、手洗い・うがいをして清める。



↑ 輪を潜り参拝する、最終日とあって参拝者は意外に少ない。



↑ 福笹など縁起物を買ってお祓いをして貰い、何か抽選があるようです。



↑ 近年、修復成った本殿、中には入れません。


 

初詣


 2日は我が家恒例の初詣の日
例年通り「石清水八幡宮」へ参拝する。

 以前は徒歩で上っていたが
30分程の道程ではあるが
人ごみと上りばかりの階段には
この数年は、少々恐れを成してきた感がある。

 そのため、上りはケーブルを利用し
せめて下りは徒歩で・・・
これが最近の参拝の様子で
これで我が家の平成26年の幕が開きました。
(石清水八幡宮・・京都府八幡市八幡高坊30  詳細はこちら


↑ ケーブル乗り場の改札前、長蛇の列ですが20年ほど前は身動きが取れないほどの混雑でしたが、最近は参拝客も減っているようです。




↑ 谷あいの鉄橋を通過中のケーブルカー。
ケーブルカーでは日本一高い鉄橋だそうで、高さは43メートルあるそうです。



↑ 本殿前の行列。          (クリックで拡大)




↑ 門の向こうに並ぶ出店。参拝帰りにここで「お好み焼き」を食べながらの休憩が、恒例になっています。


 

枚方市 「ひらかた菊フェスティバル」


 10月23日から開催予定の「ひらかた菊フェスティバル」
台風27号の影響を考慮し順延となる。

 期間は10月30日から、最終日は当初の予定通りの11月11日まで
期間中、様々な催しが有る中
枚方市民会館の周辺で行われている「菊人形展・菊花展」
それらの展示品を観賞して来ました。

 市民会館前には、2場面10体が展示
その他にも、京阪電車・枚方市駅2階コンコースなど
2会場で「八重の桜」をテーマに
各1場面をそれぞれ展示しているそうです。

(場所・・大阪府枚方市内各所 詳細は
枚方市ホームページでどうぞ)


↑  百年に近い伝統の継承は大変な事と思います。




↑  以前に比べ、人形の表情が大変豊になりました。 (クリック・拡大)




↑  昔の菊人形に、ひけはとらない程の出来栄えです。 (クリック拡大)









↑  市内の幼稚園から中学校が育てた菊も展示しています。









↑  今が一番見頃の時期と思われます。 (クリック拡大)




↑  この2輪の鮮やかな黄色が目に付きました。 (クリック拡大)




↑  大きさでは目立つ2輪です。 (クリック拡大)




↑ 通りに面した、メインの「飾り棚?」です。 (クリック拡大)

 

収穫の秋・穂谷


 枚方市穂谷地区で毎年行われている
恒例の「収穫の秋・穂谷」 
今年は、13日(日曜)に行われました。

 穂谷の里山で、収穫体験をする行事で
「地元野菜の朝市」「地域の牛乳を使ったソフトクリーム」
「きな粉餅・炊き込みご飯・カレー・うどん」の販売

 里山で育った「竹細工の体験・販売」
其の他「音楽ライブ」まで行われる

 「芋掘り」は、夏の異常気温の為
発育が悪かったそうで
いつも親子で賑わっていましたが
中止になったのが残念です



↑ 沢山の野菜が用意され、準備万端ととのいました。



↑ 10時開始の予定が、9時半には既に長蛇の列。



↑  子牛とのふれ合いの場。こんな機会は滅多に無いでしょう。



↑  ボランティア「里山を守る会」のメンバーが、樹木・竹・木の実で作った細工物も販売。



↑  餅つきの様子。



↑  きな粉餅にして販売。これも楽しみの一つです。   



↑  この時季にあわせて、コスモスも満開になりました。10本100円で販売。(クリック拡大)


 
↑  ひまわりも、この時季に合わせたようですね。3本100円で販売しています。(クリック拡大)



↑  枝豆の摘み取り風景。3株1000円ですが、多少の運・不運は有るでしょう。幸運を願うばかりです。  (クリック拡大)



京都・花笠巡行


 17日の祇園祭・山鉾巡行から一週間後
24日には「花笠巡行」がありました。

 巡行開始の10時頃には雨も上がり
関係者一同はホッとした事でしょう。

 巡行には、10数団体1000人の参加が有ったそうで
巡行に参加する側も、見物側も蒸し暑い最中大変です。

 巡行は八坂神社→祇園四条→四条河原町→市役所→四条御旅所→八坂神社
この順序で、約2時間の行程でした。

 八坂神社前は大混雑が予想される為
四条河原町で、汗を拭き拭き
今か今かと待ち受けます。


↑ 最初に現れたのが「子供神輿」の団体。地区ごとに有るようで、何組も通り過ぎます。




↑ まさに「花笠」きれいです。




↑ 「鷺踊り」 背中の羽根が羽ばたいています。




↑ 「武者稚児」 乗馬の訓練をしたのでしょう、姿勢もよく凛としています。




↑ 「祇園囃」 コンコンチキとピ〜ヒャラは祇園囃の定番。




↑ 「祇園太鼓」と「獅子舞」




↑ 復路の四条河原町付近、流石に子供はお疲れ気味か?




↑ 着物組合の巡行で、さすが京都の着物・・一際目立つ行列です。




↑  京都・南座の背景が似合いますね。




↑ 朱の花笠の下で、さすが選ばれし者。年甲斐も無く、つい追っかけて数枚パチリ・・・




↑ こちらは祇園東・小町踊の台車。




↑  こちらは、先斗町・歌舞伎踊の台車。




造幣局・通り抜け(桜)


 毎年恒例になっている「大阪造幣局の通り抜け」
造幣局は桜の名所で知られている
そして「日本桜の名所100選」にもなっている。

 今年は4月16日〜22日の7日間の開放
22日が最終日・・・の報道に釣られ行ってみる。

 最終日とか最後とかに踊らされ易い性格は
死ぬまで直らないであろう。

 通り抜けには、130種・352本の桜が有るそうで
今年は622,640人が訪れたそうです。

 いくら通り抜けと言ってもこの人数
ノンビリ桜見物・・・出来たかな?


↑  入場門・・目の前の桜は既に葉桜、これには少々ガッカリ。以前来たと時は、最終日の前日にも関わらず未だ満開状態だったので、充分期待してきたのだが残念・・









↑  見頃で残っているのは、殆んどがこの種だが、見事に満開状態。









↑  落ちた花びらで遊ぶ女の子。




↑  落ちた花びらのジュータン。これは最終日ならではの光景かも・・・














↑  日本桜100選の記念碑。




↑  この川の向かって右岸側に造幣局が有る。




市民菊人形展


 10月24日から11月12日まで開催された「枚方市民菊人形展」
市内のいたる所で、様々な催しもあった。

 菊人形は、年と供に洗練された出来栄えになっている
伝統のの技が引き継がれていく事は、喜ばしいかぎりです。

 愛好家が丹精込めて育てた「菊花展」
素晴らしいものばかりでした。


↑  源平絵巻・・・義経の八艘飛びの場面と思われる。



















↑  こんな菊も有るんですね。






































ひらパーの菊人形


 ひらかたパークで「ひらかたの秋 菊人形祭」が開催中
平成17年を最後に幕を閉じた「ひらかた大菊人形」

 「ひらかたパーク」開園100周年を記念して
今年は特別に「ひらかたの秋 菊人形祭」を、イベントホールで開催中。

 開催期間は10月6日〜11月25日迄、現在折り返し点と言ったところか
「平清盛と源頼朝」をテーマに、3章・13場面に31体の菊人形が登場。

 今日は平日の為か、入場者の顔ぶれはおっちゃん、おばちゃん、おじいちゃん、おばあちゃんが殆んどで、外人さんも数人見かけました。

(詳しくは、ひらかたパークのホームページをご覧下さい)


↑  会場の入り口付近






              (平家の武士たちの菊人形)


↑  平清盛の菊人形。NHK大河ドラマの清盛より洗練された容姿に見えます(松山ケンイチさんです)












                源氏の武士たちの菊人形)








↑  義経と弁慶。矢が刺さり、「弁慶仁王立ちの場面」


↑  義経の人形。現代のイケメン風の顔立ちで、実に良く出来ておりアップテンポの音楽を流せば、今にも踊り出しそうです。







                   (公家達の菊人形)








↑  安徳天皇と二位尼の入水の場面。 安徳天皇の顔が人形とは思えないほど良く出来ており、少なからずドキッとする場面です。






             (時代を彩る女性たちの菊人形)










(人形の顔の出来栄え、よ〜くご覧あれ) 
            

↑  これなんか気持ち悪いほど、良く出来ていませんか?









           (菊師による菊付けの様子)





↑  会場内の一部






秋の収穫祭


 10月7日・・・前日の雨も上がり
秋恒例の行事「枚方の里山・収穫の秋 穂谷」が行われた。

 「サツマイモ掘り、枝豆の抜き取り、「地元の農産物の販売」
そして「里山の保護活動の紹介」や「子牛との触れ合いコーナー」など
盛り沢山の行事に、大勢のお客さんがやって来たようです。

 (大阪府枚方市穂谷)


↑  野菜の朝市には、開店1時間前には既に長蛇の列・・・




↑  野菜朝市の中。並びながら各々遠目に爪立ちながら、目的の品の有る場所を確かめている。既に場外で戦いが始まっている?




↑  この杵つきの、きな粉餅が一番の目的でやって来ました。




↑  じいちゃん、ばあちゃんに勧められ餅つきをして見たが、なかなか難しい様子。




↑  開店前、きな粉餅は山積になったが、アツと言う間に売れてしまう。





↑  子牛と触れ合うコーナー。子牛の方は馴れたもののようだが、人の子の方がオッカナビックリ状態。






↑  カメラを向けると近寄って来た。カメラ目線で、興味津々といった感じ。





↑  大人気の「黒豆の枝豆抜き取り会場」  他にも「芋堀り」もあります。




↑  3株千円で買い、思い思いの場所で豆を千切る客。今夜の晩酌は美味い酒になりそうですな〜。
私は下戸で判りませんが。



↑  里山で採れた廃材で作った飾り品。他にも色々有り、販売もしていました。




↑  コスモスを10本100円で販売しています。料金は、昔懐かしい竹筒の貯金箱に入れます。これが来年の基金になるようです。




↑ 午前10時、開会の挨拶に続き、来賓の市長(左側)と、市議会議長(壇上)の挨拶が始まったが、混雑のあまり店開きを30分早めた為、皆さん聞いているのか?いないのか?


calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
ハロー!パソコン教室
ハローパソコン教室 公式サイト
みんなのブログ
ハロー!でつながるみんなのブログ
カレンダー
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM