スポンサーサイト

  • 2014.12.13 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


保津川下り



「川下り」というのは長岡京市に都があった頃はじまり、丹波地方の豊富で質のよい木材・穀類・薪炭を水運によって京都に運ばれていましたが、山陰線の開通(明治32年)と、戦後のトラック輸送の発達によって、筏と荷船による水運利用は次第に姿を消し、遊船として観光客を乗せた川下りになったようです。


↑ 乗船場 ここで船に乗り出発します


↑ ラフティングコースもあり、ここが出発地点です


↑ 出発後しばらくは緩い流れです、前方に見える橋は「沈下橋」


↑ アオサギの見送りです


↑ そろそろ流れがきつくなって来ました


↑ 落差50センチほどあり、水しぶきをを浴びます


↑ ラフティングコースもあり、歓声があがっています


↑ かなり狭い瀬ですが、船頭の竿捌きは流石ですね


↑ 晴天続きで、水位が下がっているようです、
  この辺り水量の多い時下ってみたいですね


↑ カエルの形をしているそうです、決まった角度でしか分かりません、お見逃しなく・・


↑ トロッコ列車が通り過ぎていきます
  流れが緩くなると、船頭さんの話がはじまります
  お客さんを退屈させないためでしょうね
  「保津川の川下りは日本最初で、400年の歴史があります」
  「川下りとしては日本で一番古く、距離、川下りの時間、高低差も日本一です」
  「ちなみに、料金も日本一です」
 
  「船頭さんの給料も日本一ですか?」
  「ハイ、日本一・・・安いで〜す」・・・と
  受け答えも慣れたものです。


↑ 「前方をご覧ください、山が笑っています」


↑ 「今日のお客さんは運が宜しいようで、野生の鹿が見えますよ」


↑ 船のパイプの陰になりましたが、岩に穴が開いています
  操船のため数百年もの間、竿で同じところを突いて出来たそうです


↑ 綱の跡 川岸を綱で船を引いて上がったそうで、綱で岩が削られています


↑ 水に浸食された綺麗な岩肌もあります


↑ これぞ渓谷、深い谷の所もあります


↑ 終点近くなり、飲食品を売る船が横付けします


↑ 嵐山の終点です、約1時間40分の遊覧でした
  乗船前にトイレは済ませておくこと、途中で用足しは出来ません


↑ 向こうに見えるのは嵐山の渡月橋です 

京都・嵯峨野トロッコ列車


山陰本線・現在の嵯峨嵐山〜馬堀間が1989年3月に新線に切替えられ廃線になりました。

景勝地として名高い保津峡谷を縫って走るこのルートは車窓から素晴らしい景色が楽しめるスポットとして知られていたため、この廃線区間を観光用に開発したそうです。

嵯峨野トロッコ列車は、トロッコ嵯峨駅からトロッコ亀岡駅までの7.3キロメートルを約25分で走っています。



↑ JR山陰線「嵯峨野・嵐山駅」のすぐ傍にトロッコ嵯峨駅があります、この駅からトロッコ列車に乗ります


↑ 先頭の気動車 小さいようでも馬力はあるようですね


↑ 客車車両 小ぢんまりとして可愛い感じです。座席は指定になっています、JTBで前日に買っていたので予定どおり乗れました。


↑ 保津川の峡谷 水が多いときは迫力満点でしょう


↑ 車窓から川下りの様子も見えます


↑ 緑の中を走るトロッコ列車、秋は紅葉春は桜で彩られるそうです


↑ 車内の様子 座席が小さいため多少窮屈かな、トロッコの名のとおりガッタンゴットン、クッションの悪さはご愛嬌というところでしょうか。


↑ 保津川にはラフティングコースもあるようです、これは結構面白そうです


↑ 亀岡の町が見えてきました、間もなくトロッコ亀岡の駅に着きます

海遊館(クラゲ)

海遊館の見学コースですが
始め展示場の最上階までエスカレーターで上がります。

らせん状の通路を展示物を見ながら下ってきます
階段や段差が無いのがいいですね。

巨大な水槽の素材は何で出来てるんでしょうね
物凄い水圧がかかっていると思いますが
ダイバーが潜って掃除をしていました。

観光の若い娘さんが「潜ってるやん、面白そうやな」
と言うてましたが、見てるほど楽や無いと思いますが・・

水槽が曇らないよう、どんな工夫をしてるんでしょうか
水槽が曇ると商売になりませんからね〜

海遊館で使用する海水は、和歌山県日ノ御埼沖の天然海水だそうです
1回に約200トンの天然海水を専用の船で運んで来るそうです。

クラゲ館のクラゲですが、照明の関係で実物とこの写真では、色彩が多少異なるものが有るかも知れません
いずれにしても、綺麗で一見の価値はあります。
           (海遊館はこちらから)



↑ アカクラゲ


↑ エチゼンクラゲ


↑ カブトクラゲ


↑ カミクラゲ


↑ キタミズクラゲ


↑ ギャマンクラゲ


↑ サカサクラゲ属の仲間


↑ タコクラゲ


↑ ネチクラゲ目の一種


↑ パシフィックシーネットル


↑ ビゼンクラゲ


↑ ミズクラゲ

大阪・天保山、海遊館(魚と動物)

先日テレビでテレビ、大阪港の海遊館に期間限定でヤリイカの展示をしているという
海遊館ではタチウオも初展示とのこと
ヤリイカやタチウオ魚は食卓では珍しくもない
ヤリイカは飼育が大変難しく、永年の飼育例はほとんど無いようです
そうすると、泳ぐ姿を直接見る機会はもう無いかもしれない
それと、タチウオが立っている所も見てみたい
なにはともあれ、行って見ようジョギング

電車電車を乗り継ぎ、やって来ましたジョギング「海遊館」
さすが海の傍、風が強く冷たい風が肌を刺すムニョムニョ
急ぎ入場口へ
入場料はと目をやると、エッびっくり二千円・・・財布
まぁええか、その分ゆっくり楽しませて貰いましょうるんるんるんるんるんるん

普通に見て回ると一時間ほどで終わるらしい壁掛時計
が、写真を撮りたいため館内を三時間近く行ったり来たり足
腹は減るし疲れたし、この位で良かろうと帰ってきましたジョギング
早速パソコンPCに取り込んで、拡大した写真を見てビックリびっくり

ほとんどピンボケ、何じゃこれどんっ
実際の綺麗さが写真カメラに写っていない
今日は、くたびれ儲けやったなたらーっ
まぁ こんな時も有るやろうポロリ

もうチョット腕を上げて、上向きまた撮りに行こう
クラゲは何としても、綺麗に撮りたい
これ程綺麗なクラゲが居るとはな〜。!?
   (クラゲは後ほど)











calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
sponsored links
ハロー!パソコン教室
ハローパソコン教室 公式サイト
みんなのブログ
ハロー!でつながるみんなのブログ
カレンダー
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM