スポンサーサイト

  • 2014.12.13 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


平等院


 三室戸寺の帰り道
ついでと言っては失礼だが
平等院に寄って見る事にした。

 三室戸寺から京阪宇治駅までバスで行く
1時間に1本しか無いので
事前に時刻を確認
バスの所要時間は10分ほどか。

 歩いても30分ほどで行けそうな距離
平等院へ云ってみると
ちょっぴり期待していたのが「藤」

 残念・・・既に遅し
花びらは殆どが萎れ
色も白くなり始めている。

 それでも、少し離れて見ると
まだ藤の気配は残していた。

 その内、修学旅行と思われる団体
二校が殆ど同時にドッと押し寄せる。

 他の観光客と鉢合わせになり
混雑してきたので早々に引き上げることにしました。


↑  池の奥の方に睡蓮が少し花開いていました。




↑  離れて見ると、まだ藤の名残は有りました。




↑  ツツジも一箇所残っていました。




↑  ツツジとハスと鳳凰堂




↑  周囲の新緑も鮮やかになっています。




↑  池の対岸から見たお馴染みの顔。


岡崎神社(ウサギ神社)


今年も早くも12月の半ば
早い早い・・・

歳を経るに従って一年が早くなる
下り坂を駆けて下るように
そのスピードが益々早くなる。

あと10年〜20年経ったら
バンジージャンプのように真逆さまのスピードか?
まばたき2〜3回で一年終わり???

まぁ・・それはそれ、成り行きにまかせるとして・・・
年賀状の受付が始まった
準備にそろそろ取り掛かる・・

来年の干支は「うさぎ」
うさぎに関わる神社は無いか
探していると・・有った・・

「岡崎神社」・・・うさぎ神社とも言われているらしい
京阪電車の「神宮丸太町駅」から徒歩20〜30分程か?
市バスの203・204・93系で「岡崎神社前」下車でも良い。

うさぎがテーマの写真が撮れたら
年賀状に使ってみよう。

(岡崎神社・・・京都市左京区岡崎東天王町)




↑  岡崎神社・・・祭神として「すさのをのみこと」「くしいなだひめのみこと」、その御子の三女五男が祀られている。祭神が子宝に恵まれ、また、古くからうさぎは氏神の使いと伝えられ多産であることから、当神社は子授けのかみとして信仰されているそうです。



↑  狛うさぎ・・・本殿前左右に有る。



↑  手水舎の「子授けうさぎ像」、撫でると子授けや安産の願いが叶うという・・・随分撫でられたようで、ピカピカに光っている。



↑  本殿の横に僅かに紅葉が残っていた



↑ 本殿後ろから横にかけて紅葉の敷物。

達磨寺&芙蓉


京都市上京区の法輪時は「達磨寺」で知られているようです。

そろそろ芙蓉が咲き始める頃と調べていると
達磨寺が目に留まりました。

芙蓉も咲き始めたとの情報も有り
「達磨」も気になり行って見ました。

京都駅から山陰線に乗り
普通で3つ目の「円町」で下車し
徒歩で10分もかからないと思います。


達磨寺(法輪寺)・・・京都市上京区下立売通御前通西入行衛町457


↑  門を入ると左側に芙蓉が植わっています



↑  すごい形相で睨まれると上がるのに躊躇しそうです



↑  達磨・達磨・達磨・・何体有るか分かりません



↑  屋根の鬼瓦も達磨です






↑  まだ早すぎたようで、数輪しか開いていませんでした



↑  つぼみは沢山付いています、見頃は中旬から下旬でしょうか



↑  こうなれば・・・の希望を込めての合成写真

愛宕念仏寺(シャガ&1200羅漢)


愛宕
(おたぎ)
念仏寺は京都市右京区嵯峨鳥居本深谷町2−5に有り、1200羅漢で知られています。


羅漢とは何ぞや? 辞書を開いて見ると小乗仏教の修行者の最高の位。功徳のそなわった学者の称号・・とありますが???


羅漢寺の総本山のホームページを見ると、様々な説明の中に「釈迦の高弟で、悟りを開いた者」・・という文言が一番分かるような気がします。


昭和56年から10年間に1200人の一般の人が彫った羅漢の石像が境内や周辺に立っています(もっと古いものと思っていました)

1200人が彫ったことで、同じ顔・形のものは一つも無いそうです。


この時期シャガの花が満開との知人の誘いで、初めて2人で行って見ました、
今回はJR山陰線・嵯峨嵐山駅から見物しながらの歩きです。





↑ 仁王門




↑ 仁王門から階段を上がり境内へ




↑ 斜面にも羅漢の石像が・・




↑ 石垣の上にも立っています



↑ 境内一杯に羅漢・羅漢・羅漢・・・




↑ 苔むして、随分古いように見えますが・・・




↑ 中に新人さんが入っているようです




↑ 皆、いい顔をしていますね




↑ 後方は多宝塔




↑ 満開のシャガ




↑ 新緑もいいですね




↑ シャガと地蔵堂




↑ 逆さの羅漢さん・・大丈夫ですか?




↑ シャガと羅漢さん


善峯寺

当山は十一世紀の前半に源算上人によって創建され
長元七年(1034)、後一条天皇から「良峯寺」の寺号をたまわり
応仁の乱(1467~77)で兵火を受けて焼けたようです。

現在の諸堂の多くは、江戸時代に徳川五代将軍・綱吉の母
「桂昌院」の援助によって再建されたものだそうです。




↑ 左 東門

  右 山門  元禄5年(1692)桂昌院により再建  



↑ 左 観音堂  本堂・元禄6年再建

  右 つりがね堂  桂昌院寄進(厄除の鐘・将軍綱吉公の厄除けのため寄進)



↑ 左 護摩堂  桂昌院建立(元禄五年・1692)

  右 絵馬堂



↑ 左 開山堂(あじさい園)

  右 釈迦堂



↑  遊龍の松 (樹齢600年の五葉松・天然記念物)元は54メートルあったそうですが、松食虫の被害にあい15メートルほど切ったそうです(写真は、5枚を接いだものです)


↑ 左 多宝塔 (重要文化財)

  右 高野槙 (高野山より移植、樹齢約三百年)



↑ 左 青蓮の滝

  右 薬師堂への石段



↑ 左 薬師堂(奥の院)・桂昌院建立(元禄十四年、両親菩提のため)

  右 一帯の山林



↑ 左 けいしょう殿(ここからの見晴らしが素晴らしい)

  右 京都市内方面



↑ 左 阿弥陀堂への道

  右 阿弥陀堂 



↑ 左 蓮華寿院庭の池

  右 登下山道・秋には素晴らしい紅葉になりそうです

枚方八景・意賀美神社

「枚方八景」のひとつに「意賀美(おがみ)神社」神社があります
まだ行ったこと無いなぁ!?
場所は・・枚方市駅から徒歩ジョギング10分か壁掛時計
小高い丘にあり見晴らしがいいらしいグッド
天気おてんきもまずまずやし バイクで行ってみようバイク

万年寺山古墳
神社のあるこの丘で1904年に「万年寺山古墳」は発見された、築造年代は4世紀中頃と推定される、内部からは青銅鏡、鉄刀などが出土、青銅鏡は現在、東京大学理学部が保管している・・掲示板より



↑ この階段から上がるんやな。
「意賀美神社」おがみじんじゃ・・意・・なんで「お」なんやろ?



↑ 御茶屋御殿跡・・ホ〜 こんなとこに秀吉ゆかりの場所が有ったんや
この場所に豊臣秀吉が御茶屋御殿を建てていた、直ぐ前は淀川でこの辺りは大阪と京都の中間辺りに位置し水上交通の要所になっていた・・掲示板より



↑ 今は建物で見にくいな、以前は淀川が一望出来てたんやろな


↑ 万年寺山遺跡1号石棺・・棺を開ける時 どんな気持ちしたやろ!!
この石棺は平成17年、展望広場の工事中に発見された、石棺内には推定身長170cmと思われる一人分の男性人骨が良好な状態で残っていた。出土遺物が一切ないため時期決定は難しいが、古墳時代の前期(4世紀代)のものではないかと推定される・・掲示板より



↑ 「意賀美神社梅林」・・5部咲きかな


↑ 鳥居が有って階段、ここを上ったら「意賀美神社」やな


↑ まず 手を洗って口を漱いで


↑ 左にあるのが「琴平神社」で 右にはお稲荷さんか


↑  真っ直ぐ進んで 本殿へ
先ずは娘夫婦の健康・安全祈願、次に我が家の健康・安全祈願・・頼んます。



↑ 意賀美神社の御祭神


↑ 裏手に幾つも鳥居があり何か祀られてるみたい・・表示が無いので分からない


↑  句碑を幾つも見かけたな〜

雪景色・銀閣寺

京都の「銀閣寺」の写真、その2です
(銀閣寺は正式には「慈照寺」と云うそうです)

銀閣寺は金閣寺に比べもうひとつ馴染みが薄いような気がしますがくるりん
庭園は銀閣寺の方が見応えがある様に思います。グッド

周辺を調べてみると見る、結構散策コースが有ります足
四月の桜の時季に、行って見ましょうか。GO!

この日は、京阪電車の京都方面終点の「出町柳」まで行きでんしゃ
「川端今出川交差点」の「出町柳駅前」からバスに乗り路線バス「銀閣寺前」で下車
この間は歩いても30分程で行けるようです。ジョギング

バス停に行ってみると、路線バス「銀閣寺方面行き」間もなく到着の電光表示です
京都市内の大きなバス停には、運行状況の電光表示ひらめきがあります
遅れる時もあるので、待つ者にとってはこの表示は助かります。嬉しい







↑ 本堂(方丈)






↑ 裏手には見事な竹林や杉林があります


↑ 展望所からの眺めです








↑ 山肌にも苔がよく生えています


↑ 桜の木のようですが ねじれて伸びています


↑ 帰る途中、哲学の道で見かけた人力車

雪景色・銀閣寺

朝 外は薄っすらと雪化粧です
天気は 雲はあるが晴れて来そうな感じ
小雪が飛んできて気温は低いようです。

雪が解けないうちにと
金閣寺より早く行ける「銀閣寺」へ行くことにしました。



↑ バスを降り少し行くと「哲学の道」の出発点があり、ここから  銀閣寺に向かいます
桜並木になっています 四月には綺麗に咲くでしょう



↑ 銀閣橋があり哲学の道とは分かれ直進し、土産店の間を進むと「総門」が見えます


↑ 総門を潜るとおおきな「垣根(銀閣寺垣)」が有り、間を進みます


↑ 銀閣寺垣を左折すると、「中門」です


↑ 中門を入ると左に見事な「五葉松」があります、樹齢は不明でした


↑  寺務所前を通り「本堂(方丈)」へ


↑ 本堂前の「銀沙灘と向月台」雪が無い方が綺麗かも?


↑ 本堂と並ぶ「国宝・東求堂」


↑ 庭園の池にある、「大内石」


↑ 庭園の池にある「座禅石」


↑ 銀閣


↑ 「千代の槙」樹齢五百年とか


↑ 庭園


↑ 「錦鏡池」と銀閣


↑ 「洗月泉」一本の線のような綺麗な小さな滝になっています


↑ 「漱鮮亭石組」


↑ お茶の井」足利義政公お茶用の沸水


↑  展望所付近から見た銀閣


↑ 展望所付近から見た本堂あたり 雪の山並みがきれいです


↑ 修復中の銀閣


↑ 出口

片埜神社へ初散歩 

さて 2008年初散歩に行くか〜ジョギング
先ず 年賀状の返事を出して
チョッと遠回りして「片埜神社」に初詣拍手
外に出ると、天気は良いおてんきが流石に寒〜い冷や汗
片埜神社の御主神は、
「建速須佐之男命(タケハヤ スサノオノミコト)」と菅原道真公です。



↑ 片埜神社に到着、ジョギングここは正面の門
  現役中 通勤でこの前を毎日通りました
  よくお参りし、願い事もしました拍手
  願い事は結構成就したように思いますグッド
  成就の秘訣?・・それは高望みをしないことかな〜



↑ 手を洗いうがいをして


↑ 本殿前を見ると、ワ〜凄い人の列びっくり
  普段では考えられない人の波、何処から来たんやろ!?
  本殿前に着くまでには大分時間がかかりそうやな
  ちょっと遠いがここから「今年の無病息災をおねがいしま〜す」拍手



↑ ここは社務所、建築中の時に基礎を見ました
  何階建てのビルになるのかな?と思うほどの基礎工事でした



↑ ここはお稲荷さん、願い事は商売繁盛・・は関係無しか
  それなら年金増えますように拍手・・無理か!!



↑ これは神牛、鼻の先は撫でられてピカピカ
  どんなご利益が有るんやろ??



↑ ご利益有りますように揺れるハート  


↑ 境内の出店バッド

京都・下鴨神社(2)

下鴨神社で個人的に新発見がありました、みたらし団子発祥の地とはびっくりです。


↑ 楼門 朱塗りがすばらしく綺麗です


↑ 結婚式があったようです 遠くから失礼しました


↑ みたらし団子発祥の地とは意外な感です


↑ 相生社 縁結びの神様です


↑ 国歌「君が代」に歌われているさざれ石です


↑ モミジがここだけ残っていました


↑ フォトショップ・フィルタの墨絵加工しました


↑ 賀茂川 新撰組と勤皇の志士が この何処かの川原で戦ったのでしょうか

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
ハロー!パソコン教室
ハローパソコン教室 公式サイト
みんなのブログ
ハロー!でつながるみんなのブログ
カレンダー
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM