<< 春の兆し? | main | 樹木の根性 >>

スポンサーサイト

  • 2014.12.13 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


渡り鳥たち


寒くなるにつれ、川や池に多くの野鳥を見かけるようになりました。

なかでも、圧倒的に多いのが「カモ」
11月頃から少しずつ見かけるようになり
その頃は未だオス・メスの区別がつけ難い程でした。

今になるとハッキリ判別でき、カップルも増えています。

カップルによって行動は様々で
オスがスイスイと前を行き、メスがその後を追うカップル
逆に、メスが先を行きオスが後を追うカップル。

写真を撮っていると
散歩中か?傍で立ち止まって見ていた老夫婦のご主人

「カモも人間も一緒でんな、あのツガイはメスの方が強そうや」
「そうですね、オスが後から付いて行ってますね」

成長したカモ達、やがて旅立って行くことでしょう。







↑  飛び立つわけでもなく羽ばたいているが、何を意味しているのでしょうか?




↑  この辺りでは私は始めて見る鳥ですが、クチバシの長さから「しぎ」の仲間でしょうか?

スポンサーサイト

  • 2014.12.13 Saturday
  • -
  • 18:11
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
クー様
さっそく、「シギ」の仲間を、日本の野鳥(図鑑)で調べてみました。
今のところ、”タシギ”か、”オオジシギ”が候補です。後者は、電柱の上(柱の)のも止まるんだそうです。
間違っているかもしれないけど・・・
けいこ様
ありがとうございますm(__)m

野鳥でも年中見かける鳥は分かりますが、渡り鳥は分かりませんね。

滅多に見かけない鳥を見つけると嬉しくなりますが・・
  • クー
  • 2012/02/08 5:57 PM
コメントする









calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
sponsored links
ハロー!パソコン教室
ハローパソコン教室 公式サイト
みんなのブログ
ハロー!でつながるみんなのブログ
カレンダー
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM