<< 城南宮のしだれ梅 | main | さくらんぼ >>

スポンサーサイト

  • 2014.12.13 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


石山寺&梅園


滋賀県大津市に有る西国第13番札所の「石山寺」
四季を通じ、花木で境内の彩りが途切れる事は無いそうな・・・
3月も中旬になり、やっと梅の季節が来たようです。

開花情報で、7分咲きとのことで
京阪本線→近鉄奈良線→JR東海道本線→京阪石山坂本線と乗り継ぎ
やって来ました石山寺へ。

「京阪石山寺駅」から瀬田川沿いを行く
レガッタの練習風景を眺めながら歩くこと10分
目の前に、ど〜んと構えた「東大門」前に到着。

(石山寺・・・滋賀県大津市石山寺町1−1−1   石山寺の詳細はこちらのホームページでどうぞ・・)


↑  京阪石山寺駅から歩くこと役10分、石山寺・東大門前に到着。





↑  国宝の「本堂」




↑  こちらも国宝の「多宝塔」、鎌倉期の建築。




↑  天然記念物に指定されている「硅灰石」の奇岩の山。石山の由来にもなっているそうです。




↑  石山寺には、3箇所の「梅園」が有り、ここは「第一梅園」




↑  同じく「第一梅園」の梅。



↑  これも第一梅園




↑  ここから「第二梅園」 ・・・と言っても違いは分かりませんね。




↑  ここも「第二梅園」の梅、白梅は未だ少し早いようです。   




↑  ここから「第三梅園」 ここは、比較的新しい梅園のようです。




↑  第三梅園の紅梅。

スポンサーサイト

  • 2014.12.13 Saturday
  • -
  • 22:14
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
クー様
奇岩の石山と、可憐な梅の花の相性って、どうだろうと思いましたが、結構よく似合っていますね。
紅梅と言っても、薄いピンクから爽やかなピンクや濃い赤みを帯びたピンクと色々あるんですね。
けいこ様
コメントありがとうございますm(__)m
石山寺に行って見て初めて知りました、石山寺の名前の由来を・・
この時は、白の梅は3分咲きくらいでしたが、もう見頃になっていると思います。
  • クー
  • 2012/03/20 12:29 AM
コメントする









calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
sponsored links
ハロー!パソコン教室
ハローパソコン教室 公式サイト
みんなのブログ
ハロー!でつながるみんなのブログ
カレンダー
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM