<< 嵐山(紅葉) | main | 嵐山・紅葉(宝厳院) >>

スポンサーサイト

  • 2014.12.13 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


嵐山・紅葉◆並臠甞奸千光寺)


 嵐山・桂川の左岸をブラブラ歩く
流石にこの道は人通りが少ない。

 ブラブラ歩くうち、首からカメラをぶら下げた同年代の男性に出会う
この先に見所は有りそうか聞いてみる。

 この先に二本の石柱が立っており、そこから上ると寺院があり
「そこからの見晴らしはチョッとしたもの・・」との情報を貰う。

 階段や坂道を上がるとの事で、膝にチョッピリ不安を抱える身で
多少躊躇する気も出たが、「嫌になったら引き返えしたらええわ・・」

 これが一人旅の気楽なところで、グループではそんな訳にはいかない
若い頃のように、「決めた事は何が何でも決行・・」という気概は、サラサラ無くなった。

 そんな気紛れな性分を見抜いてか、女房は一緒に来るとは言わない
大自然の中では女房と言えども、一緒の行動には気を遣うことも少なくない。

 一人の方が、なまじ好都合・・と思いつつ、夫婦と思われる同年代の二人連れとすれ違うと
次はのんびり出来る所を探して、二人で行ってみようか・・・とも思う。 

 そんな事を考えながら「大悲閣」を目指し、てくてく歩いた。


↑  聞いたとおり、二本の石柱が建っていた。ここから上り道が始まる。




↑ 石碑が見えてきたが、何の石碑か良く判らない。屋根のビニールシートはご愛嬌・・・




↑  嵐山の雰囲気を醸し出す紅葉。




↑  ここで入山料を払う。屋根の苔が気になり上から撮った。




↑  参道の樹に紅白の布。何の意味が有るのか関係者に聞くつもりが、聞くのを忘れて帰りに思い出すも後の祭り・・・




↑ 楚々とした感じの山門? 眺めが良いので上から撮った。




↑  鐘楼  




↑  大悲閣の柱郡




↑  大悲閣から、比叡山・大文字山・東山三十六峰・京都市街を遠くに見ることも出来る。




↑  大悲閣の周りの紅葉。




↑  境内で紅葉する大木。




↑  大悲閣・・・何故?「悲」を付けたんでしょうね?






↑  以前から嵐山公園・亀山地区の山から桂川、嵐山温泉を見た時、その上に見える建造物が何か気になっていたが、拡大して見ると(〇の中)「大悲閣」で有った事が判った。



スポンサーサイト

  • 2014.12.13 Saturday
  • -
  • 14:35
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
クー様
定番の「渡月橋」の紅葉も
もちろんいいですが、
ここの「大悲閣」のは
較べものになりません。
清水の舞台の様な高い所からの
紅葉狩りは格別ですね。
けいこ様
有難うございますm(__)m
あまり期待して行った場所ではなかったのですが、思わぬ収穫でした。
京都には、まだまだ穴場的な所は沢山有りそうです。
  • クー
  • 2012/12/06 2:32 PM
コメントする









calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
sponsored links
ハロー!パソコン教室
ハローパソコン教室 公式サイト
みんなのブログ
ハロー!でつながるみんなのブログ
カレンダー
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM