<< 造幣局・通り抜け(桜) | main | 春眠暁を覚えず?(ソメイヨシノ) >>

スポンサーサイト

  • 2014.12.13 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


長岡天満宮(キリシマツツジ)



 京都府長岡京市の「長岡天満宮」
灌漑用に造られたという「八条ヶ池」
その池を二分する中央部に中堤の参道が有る。

 樹高2.5m樹齢130年前後のキリシマツツジが
この参道の両側に塀のように立ち並んでいる。

 ちょうど見頃を迎えたようで
バイクでひとっ走り行って見る。

 渋滞を避ける為、早朝を予定していたが
寝過ごして、到着したのが8時前。

 ここでも最近多く見られる光景で
カメラを持った老若男女ならぬ、老々男女が
思い思いにシャッターを切っている。

 早速仲間に入り、撮りまくる
何だかんだと考えて、同じ場所に長時間留まると
他の人の迷惑になる。

 とに角、ここと思った所にピントを合わせ
絞りを+−0.7に合わせ3枚連射で撮りまくる
中にはましな物も有るだろう(自己満足)

 当たるも八卦、当たらぬも八卦では無いが
失敗を考えなくていいデジカメは
ど素人には本当ありがたい。

 (長岡天満宮・・・京都府長岡京市天神2丁目15−13)


↑  大鳥居を潜り、正面から見た参道。









↑  南側の参道。




↑  北側の参道、南側に比べやや開花が遅れている。




↑  夜間はライトアップされるようです。




↑  ビッシリと塊のように咲くキリシマツツジ。




↑  奥から見た北側の参道、参道正面の大鳥居が見える。




↑  奥から見た南側の参道、前に見えるのは石の太鼓橋。









↑  八条ヶ池(南側)と錦水亭の食事処。時代劇の撮影に時々利用されている。「大覚寺」や八幡市の「流れ橋」は、時代劇ではよく見かけますね。




↑  写真右の太鼓橋の下が、八条ヶ池の南北をつないでいます。


↑  この石の太鼓橋は「加賀前田候」から寄進された物のようです。それにしても、曲線が素晴らしいですね。




スポンサーサイト

  • 2014.12.13 Saturday
  • -
  • 18:42
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
sponsored links
ハロー!パソコン教室
ハローパソコン教室 公式サイト
みんなのブログ
ハロー!でつながるみんなのブログ
カレンダー
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM