スポンサーサイト

  • 2014.12.13 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


運動会


 昨日(3日)は小学校の運動会
日曜日(30日)の予定が、台風の影響で延びたようだ。

 風の吹き様で、時折聞こえる音楽に誘われて
チョッと覗き見して来る。

 午前の部も、後半のプログラムのようで
2種目で昼の休憩になった。



↑  平日の為か、さすがに父兄の見物は少ないようです。




↑  一発目は不発、仕切り直しでスターター役の先生、少々ビビリ過ぎじゃないですか?




↑  同じ学年で、100メートル走る組もあれば50メートルの組も有り、バトンタッチも前の方に取りに来る者も居るようで、特別ルールが有るのかな?




↑  アンカーがゴール。同じメンバーで走ったら、その都度着順が変わりそうです。




↑  「ソーラン ソーラン」と勇ましい掛け声だが、ほとんどバラバラ。型にはめず、個性を生かすという事でしょうか。




↑  平日と有って殆どの児童は給食のようですが、中には父兄と一緒に昼食の懐かしい風景も。



葵祭・2012


京都三大祭りのトップを飾って、「葵祭」が有り
16日は、雨天で一日順延になった行列、「路頭の儀」が有りました。

午前10時半、京都御所「建礼門」前を出発
下鴨神社から上賀茂神社の行程です。

総勢511人の行列で、参加者が「アオイの葉」を身につけるそうで
そのことから「葵祭」と呼ばれるようになったとか・・・

正式には「上賀茂神社」と「下鴨神社」の祭礼で「加茂祭」と言うそうです。



↑  頭に付けているのがアオイの葉でしょうか。










1時間前に京都御苑に着いたのですが、すでに幾重にも人・人・人・・・
これでは行列の部分々しか撮れません、場所を変えます。




          川原町通りから、下鴨神社へ右折する所から撮ることにしました。




                      何とか全体が撮れそうです。



↑  行列の主役「斎王代」の行列




↑  「斎王代」




↑  その昔、こんな格好で馬に跨っていたのでしょうか?




↑  女人列になると廻りのシャッター音が激しくなります。















恵比寿祭り


1月9・10・11日は「えびす祭り」
「片埜神社」にお参りに行く。

昨年授かった縁起物の熊手を返すために・・・
よくよく考えて見るに・・

我が家に、えびす祭りの縁起物を授かる必要が有ったのか?
もちろん、何の商売もしていない。

と言うことで
今年は、お参りだけで済ますことにしました。

(片埜神社・・・大阪府枚方市牧野阪2丁目21−15)
    京阪電車「牧野駅」下車、徒歩5〜10分


↑  片埜神社の正面。 片埜神社は、豊臣秀吉が大阪城の北の守り神として祀ったそうです。




↑  藁で作った輪の中を通りお参りします。正月三が日は長蛇の列でした。




↑  ここでお祓いをして貰って、縁起物を授かります。抽選で景品も有るようです。




↑  ほんの気持ちの浄財を入れて、お神酒や甘酒も頂けますが、甘酒はもう少し濃くして貰えませんか?




↑  本殿の改修も終わり綺麗になりました。重要文化財に指定されているそうです。

枚方市・菊花展(市民の森会場)


 現在開催中の「枚方宿街道菊花展」
その一会場に「市民の森会場」があります。

 開催期間も残り少なくなりました
今日は「市民の森会場」へ行って見ました。

 公園の景色や通路などに上手く配置展示されています
展示品一つ一つが変化に富んでおり
あまり広くは無い会場ですが、結構楽しませてくれます。

(市民の森・・枚方市楠葉丘2-10-1)




































































菊花展・市民菊人形展


枚方市では今、「枚方宿街道菊花祭」の開催中
市内の歴史街道沿いに菊花の飾り付け、そして
各種音楽のイベントが実施中です。

期間は10月26日〜11月14日迄

主なイベントとしては
〇 枚方宿ジャズストリート2011
  (数ヶ所でジャズ演奏が行われる)
〇 菊ライブ 2011
  (市内の大学と高校の合同ライブ)
〇 観菊コンサート
  (邦楽・軽音楽を聞く)
〇 菊花展・市民菊人形展 
  (菊の花と菊人形の展示)
  
今日は、市民会館周辺での「菊花展・市民菊人形展」を見て来ました。

各イベント情報は「枚方市のホームページ」に載っています





大河ドラマ「江」より、「市と茶々・和・江の3姉妹」









          本能寺の変の一場面






                  菊花展






















2011・菊花賞


 秋競馬もG1レースの連続です。

 22日の時代祭りが雨天で23日に順延で、「菊花賞」と同じ日になり
時代祭りの列が全部通過するのを待ち、急ぎ「京都競馬場」へ引き返す。

 今年の菊花賞は「オルフェーヴル号」の三冠達成ほぼ間違いなし・・・
こんなシーンを見る機会は滅多に無い
そんな思いで大混雑の競馬場の門を潜りました。


↑  遠くから望遠で何とか撮れたパドックでの「オルフェーヴル」




↑  菊花賞、発走前の大観衆




↑  ゴール(前から)・・1着「オルフェーヴル」 2着「ウインバリアシオン」 3着「トーセンラー」
珍しく1・2・3番の人気順でした。2着のウインバリアシオンはダービーでもオルフェーヴルの2着で、今後もライバルとして競い合っていくことでしょう。





↑  ゴール後ウイニングランして来ると待っていた所、1コーナー側から手綱を引かれて引き上げ来る。ゴール後2コーナー辺りで池添騎手が振り落とされたようで、オルフェーヴルはやんちゃな男の子のようです。

    


↑  関係者一同による記念撮影・・・それにしても凄い人数です。




↑  記念撮影後、引きあげるオルフェーヴル




↑  表彰式・・・舞子さんによる花束贈呈。




↑  池添騎手に優勝旗の授与。




↑  関係者揃っての記念撮影。


京都・時代祭り


 
 22日予定の「時代祭り」が雨天延期で23日に
幸い23日は適当な温かさの曇り空
行列の出発は正午から。

 混雑を見込んで1時間半前に京都御苑に到着
撮影ポイントは既にカメラ・カメラ・カメラ・・・
建礼門が見える場所に適当に陣取る。

 辛抱強く待つこと1時間半・・・
正午ジャスト・・行進が始まる
進んだり止まったりで、なかなか進まない。

 時間と共に益々混雑してきた
立ったままで伸び上がったり、しゃがんだり
いろんな格好でカメラのシャッターを押す。

 当初は観賞する余裕もあったが
1時間も過ぎると観賞する余裕も無くなった
2時間ほどでやっと最後の行列が通り過ぎた。

 行列の美辞麗句を並べたい所だが
写真を撮るのが精一杯で細かく見ていない
来年は座ってノンビリ見物しよう。









                        明治時代






                       江戸時代











                      安土桃山時代









                         室町時代







                          吉野時代









                         鎌倉時代







                       藤原時代 





                      平安時代







                       延暦時代






                          神幸列



里山収穫の秋 (枚方市・穂谷地区)

 
 10月9日 枚方市・穂谷地区で「里山収穫の秋」の催しがありました。

 主な内容は、穂谷地区で採れる農産物の紹介と販売・・
さつまいも掘り・黒豆の枝豆取り・野菜の朝市・きなこ餅・炊き込みご飯・ソフトクリーム
など等・・

 この地域の里山は、枚方市の保全地域に指定されており
この日も、NPO法人の森林ボランティア「竹取物語の会」が
竹細工品など出品販売していました。
 
 この催しも年々盛況さを増しているようです
開催時刻は10時からにも関わらず、9時には駐車場はほぼ満車状態でした。



↑  この先は野菜の販売所・・・9時過ぎには既に長〜い列。




↑  野菜販売所・・・混雑しないように、10人ずつ区切っての入場です。10時開始ですが、混雑してきたので9時30分から始めたようです。




↑  定刻10時、会長の開会の挨拶につづき、枚方市長の挨拶。




↑  市長・・挨拶の後、恒例となった餅つきです。御歳?歳、かなりキツイと思いますが当分筋肉痛が続くかも・・・
 美味そうなので、きな粉餅4パック買って帰えりました。混ざりもの無し、もち米100パーセントの杵つき餅、美味かったね。





↑ NPO法人・森林ボランティア「竹取物語」の皆さん。廃材や竹で作った細工物の展示と販売。




↑  枝豆の刈り取り風景




↑  茎ごと刈り取った枝豆は、思い思いの場所で茎から摘み取っています。
メイン通りは人の波、手前上の方に催し会場が有ります。





↑  こちらは芋ほり会場、手で掘るのは大変です。多くの人が小型のスコップを持っているようです。





↑  枝豆と芋を両手に・・・子供たちにとって楽しい思い出になればいいですね。




↑  この時期に合わせて植えたのでしょう、今まさに満開の「ひまわり」。コスモスは10本100円です。




↑  よくもまぁ 一斉に同じ方向を向いたものです。一つくらい変わりもんが居ても不思議は無いと思いますが?

京の七夕(堀川会場)


 京の七夕・鴨川会場を1時間ほど見て回り
次の「堀川会場」へ向かいます。

 「三条京阪」から地下鉄「東西線」に乗り
「二条城前」下車すると、その近くが「堀川会場」です・

 二条城前から堀川今出川までで、かなりの距離になります
開催期間は8月15日までで、点灯時間は19時〜21時半までとなっています。


↑  石垣のライトアップ  かつては二条城の外堀の石垣(史跡)のライトアップ。川を流れているのは、LEDを内臓した「いのちの星」




↑  光のオマージュ  京都造形芸術大学マンガ学科学生作の投影作品多数。




↑  光の友禅流し




↑  光の友禅流し  




↑  願い七夕   




↑  光の天の川




↑  竹と光のアート作品




↑  京友禅型紙による「なつかしのチンチン電車」




↑  仙台七夕飾り




↑  仙台七夕飾り

京の七夕(鴨川会場)


 「京の七夕」が2つの会場で開催中です
期間は8月6日〜15日まで。

 1つは「鴨川会場」 もう1つは「堀川会場」
鴨川会場は、鴨川右岸の四条大橋〜御池大橋の間

 堀川会場は、二条城の前から堀川今出川の間、かなりの距離です
夕涼みがてら、行って見ました。

 京阪電車に乗っていると
浴衣姿の若者や、家族連れが多く乗っています。

 その殆どが「中書島」で降りました
どうやら、「宇治」で花火大会が有るようです。

 七夕会場は午後7時に点灯
着いた時には7時を過ぎており、既に点灯していました。


↑  四条大橋から会場を撮る




↑  鴨川会場の入り口




↑  鴨川に写る明かりが綺麗です。




↑  風は吹くし、慣れない夜間の撮影で上手く撮れません。









↑  みそそぎ川・光のオブジェ。




↑  みささぎ川・光のオブジェ。




↑  風鈴灯




↑  風鈴灯・・風に吹かれてチリンチリンと、涼しげな音が聞こえます。

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
sponsored links
ハロー!パソコン教室
ハローパソコン教室 公式サイト
みんなのブログ
ハロー!でつながるみんなのブログ
カレンダー
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM