スポンサーサイト

  • 2014.12.13 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


枚方八景・牧野阪公園の桜


 仁和寺の「御室桜」が今年の桜の見納めかと思いきや
まだ有りました、それも身近な所に。

 「枚方八景」の一つに挙げられている
「牧野阪公園の桜」
ソメイヨシノで終わりかと思っていました。

 さして広くも無い公園に
これ程の八重の桜が有ったのか・・・

 今日は生憎の雨天
明日は、夕方までは何とか雨は我慢してくれそう
日曜と有って、花見客で賑わいそうです。

























↑  ソメイヨシノは すっかり葉桜になりました。

























京都・さくら散策 (仁和寺の御室桜)


 仁和寺の「御室桜」
遅咲きの桜で
いよいよ見納めの桜になりそうです。

 平日でも混雑が予想されます
開花の度合いで、開門の時刻が変わるとの事
8時半の開門を見込んで行きます。

 京福電鉄で行くと、乗換えが多い為JRにします
「花園」で降りて徒歩20分ほどで到着
8時半過ぎ・・・
小雨が降る中、既に数人の人が入っています。

 あまり背丈が伸びないのが「御室桜」の特徴のようで
他所では見ることが出来ないようです。

 3分咲きから満開までと、様々ですが
常連さんの話では
この数日が見頃・・とのことでした。

御室桜の詳細はこちらの「仁和寺のホームページ」でどうぞ・・

    (仁和寺・・・京都市左京区御室大内33)



↑  内側から撮った「二大門」と桜









↑  御室桜の間から・・・五重塔の先端




↑  この辺りは100パーセント満開




↑  生憎の雨と風で少しずつ散っています。


































↑  見えるのは「観音堂」の屋根














↑  御室桜と五重塔

                         仁和寺 つ・づ・く

京都・さくら散策(京都府立植物園の桜)


 今回のさくら散策、最後は「京都府立植物園」
紅葉や梅花等で何回か入園したが、桜は初めて
この植物園、公立の植物園での入園者数は
全国でもトップクラスだそうな。

 交通の便も良く、植物園にある入園門2門の内
「北山門」が、地下鉄・烏丸線の「北山駅」の直ぐ傍に有ります
これは大変便利です。

 それに、60歳以上の人は公的証明が有れば
入園料は無料になるようです(詳細は入園の時係員に聞いてください)
この日も平日にもかかわらず
おっちゃん・おばちゃん・じいちゃん・ばあちゃんで賑わっていました。

    (京都府立植物園・・・京都市左京区下鴨半木町)






























                     

京都・さくら散策(半木の道の枝垂桜)


 銀閣橋に着き哲学の道は終わりです
ここから「半木(なからぎ)の道」へ向かう。

 近くの交番でバス停を聞き
市バス・203系のバスに乗り
京阪・出町柳駅まで行く。

 ここからは賀茂川沿いの遊歩道を歩く
川沿いにはソメイヨシノが満開で
「半木の道」までの20〜30分の徒歩も
長くは感じない。

 京都府立植物園のところに架かる
北大路橋から北山大橋の間に
「半木の道」は有る。

 枝垂桜のトンネルを行くも良し
土手下の遊歩道から
見上げながら行くも良し。

 気温も上昇中でもあり
賀茂川の涼しい風を受けながら
家族や仲間と共に
ベンチで弁当を広げるのもさらに良し
・・・と思いながら一人で歩いた次第です。



↑  出町柳から賀茂川沿いに咲く満開のソメイヨシノ。



↑  途中で花見中のワンちゃんを横から撮らせてもらう。



↑  紅枝垂れのトンネル



↑  満開状態  休日はすごい人出になることでしょうね。



↑  この灯篭?はソーラーパネルと一対になっているようです。



↑  賀茂川と紅枝垂れ



















                      (京都・さくら散策  つ・づ・く)

京都さくら散策・(哲学の道の桜)


 京都の桜便りも満開に・・・
所によっては
盛りを過ぎた所もポツポツと・・・

 そんな中、今回は
「学問の道」から「半木の道」を歩く予定。

 「熊野若王子神社」前から
「銀閣寺橋」までの「学問の道」と
「賀茂川」の遊歩道にある「半木(なからぎ)の道」

 そして、体力・気力・時間に余裕があれば
「京都府立植物園」
この三点セットを目標に出発です。

 先ず、京阪電車で「三条」へ行きます
京都府営地下鉄の「三条京阪」から
「東西線」で六地蔵方面行き、二駅目の「蹴上駅」で下車。

 「南禅寺」・「東山中・高校」・「永観堂」前を
今回は横目で見ながら素通りし
哲学の道の片方の出発点である、熊野若王子神社前に到着。


↑  熊野若王子神社。午前8時過ぎ、観光には未だ早いようで、平日でもあり人影はまばら・・よしよし



↑  哲学の道・・出発地点です






↑  ソシメイヨシノは満開です。






↑  ユキヤナギも多く見られる上満開できれいです






↑  この時はご覧の通り静かですが、土日は長い列になっていたそうです





















↑  一方の出発点でもあり、今回の終点の銀閣橋のそばの道標。

             京都・さくら探索 つ・づ・く

八幡市・背割堤の桜


 「背割堤」は
京都府八幡市に有ります。

 木津川と宇治川の出合いの地域から
両方の川に挟まれた堤防上に
1.4kmにわたって
ソメイヨシノが250本程
花を咲かせています。

 京阪電車の「八幡市駅」から
徒歩約10分ほど
桜並木のトンネルを行き
帰りは土手の下を通ると良いでしょう。

 行きと違って
下から見上げるため
別の景色を見ることになり
往復楽しむ事が出来ます。

 (詳しくは、こちらの「八幡市観光協会のホームページ」でどうぞ・・・)


↑ 全長1.4km、ほぼ桜のトンネル状態です、結構長く感じます・・・念のため!!



↑  先端の方から出発点を見ていますが、霞んでいます。往復3キロ弱、結構な距離です。



↑  下から見上げると結構迫力あります。



↑  斜面に沿って伸びる枝。水が有る方へ枝は伸びる?・・・何かで読んだことが有りますが、その先は木津川の川面です。







↑  一昨年は菜の花が咲いていましたが、今年はタンポポが新たな色を添えています。



↑  自生か? 種を蒔いたのか? 歩くのにも気を遣います。



↑  こちらは「宇治川」の方の遊歩道。きれいに整備されています。






↑  こちらは「宇治川」の方です。

京都御苑の枝垂れ桜


 千本釈迦堂の帰り道
このまま帰るには早すぎる。

 途中下車し
京都御苑に寄って見る事に・・

 「近衛邸跡の枝垂桜」
ちょうど満開で見事な咲きっぷり
和が世の春を詠っている感じ。

 幸いなことに
未だ人出も多くなく
のんびり観賞できて・・満足満足・・


↑  近衛邸跡の枝垂桜












↑  堺町御門から入って、九条池の前にある枝垂桜。こちらも満開で見事な咲きっぷり。









                         京都御苑  つ・づ・く

大報恩時・千本釈迦堂の枝垂桜


 ほぼ毎日、京都新聞の「京都の桜情報・2011」を見ている
今迄行った事の無い手近な所で
そろそろ見頃になっている所は無いか?
・・・と思案しながら
まぁ これはいつもの事ですが・・

 探していると、有った有った手頃な所が
「大報恩寺・千本釈迦堂の枝垂桜」
桜の名前にも興味が湧く「おかめ桜」とは面白い
今が満開で見頃とか・・・

 場所は上京区の溝前町
京阪電車・出町柳駅から、市バス203系乗車
「千本今出川」辺りで降り、徒歩10分も有れば行ける筈
途中に「京都御苑」も有る
余裕があれば、帰りに寄って見るのも良かろう。

(大報恩寺・千本釈迦堂・・・京都市上京区溝前町)


↑  石畳の参道を通り、門を潜ると目の前に「おかめ桜」がお出迎え・・



↑  門の前の桜と灯篭



↑  本堂前にデ〜ンと構えた「おかめ桜」



↑  今が満開、見事なもんです。人出は少なくカメラを持った人が2・3人、それに何故かタクシーの運転手さんらしき人が2人写真を撮っている、観光用に使うのか?



「おかめ桜」の立て札。この名前には、いわれが有るようです。






↑  ノレンをかき分けるようにして内側に入り、見上げています。細い小枝が周りを囲っている。



↑  簾越しに見ている感じの本堂。



↑  細い小枝が長〜く伸びている。

花見だが・・


 この所の数日続いた温かさで
ソメイヨシノが一気に開花し
すでに8分ほどに開き
見頃を迎えて来ました。

 例年なら
バーベキューをしたり
音楽がガンガン鳴り響いていたが
今年は、皆さん随分控え目のようです。

 やはり震災の事が
気にかかるのでしょうか。















東山散策(桜 2)


 東山散策の後半
これから清水の方へ向かう。

 この辺りは散策コースになっているのか
狭い路地のような所でも
平日にも関わらず
結構人通りが多い。

 春休みに入っている為か
子供連れも目立つ。


↑  高台寺の横を通り進むと、古い家並みの隙間から、桃の花が玄関脇を飾っていた。





↑  途中、神社の境内で見かけた。舞子さんと思ってシャッターを押したが、後で分かったが素人さんのようでした。





↑  「八坂の塔」・・ 聖徳太子が建立した日本で最初の五重塔だそうです。





↑  くねくね進むうち、土塀の中に見える綺麗な立派な松。




↑ 少し上ると、先ほどの松と八坂の塔が重なって素晴らしい眺めになっている。





↑  さらに進むと数十段の石段があり、写真で何度か見たことの有る風景が目に入ってきた。





↑ 石段を上っていると、「おちゃのこ さいさい」? つい誘われて中に入ってみる。奥の方で目に付いたのが「七味唐辛子」。 
京都に行く度に、嫁はんに七味唐辛子を買って来るように言われていたのを思い出し、土産代わりに買うことにした。





↑ 石段の上の方に行くと、大きな枝垂桜が迎えてくれた、しかも満開で。





↑ 上りきった所にも七味を売っている店があり、つい誘われるように一つ買ってしまう。どちらの店も150g入って500円弱。帰り道、家の近所のスーパーで買い物をした時、ふと目に入ったのが七味唐辛子・・・150g入り105円也・・・・京都の七味の味・・どんなんやろ?




↑  清水寺へ行くか迷ったが、桜にはまだ早いと思い松原通を下っていると、軒下に藁で作っていると思われる「長刀鉾」の飾りを吊るしていた。この辺りが長刀鉾を曳いているのかな?




↑  宮川町通りに来て、先ほどの舞子さんかと思ったのは、実はここで素人さんが着付けや化粧をして貰って「舞子体験」を有料で行っている所のようです。先ほども記念撮影中のようでした。





↑ お茶屋さんが並ぶ宮川町通り。

    (東山散策  お・わ・り)

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
sponsored links
ハロー!パソコン教室
ハローパソコン教室 公式サイト
みんなのブログ
ハロー!でつながるみんなのブログ
カレンダー
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM