スポンサーサイト

  • 2014.12.13 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


木漏れ日を受けて・・アジサイ


大きな樹木の下で

木漏れ日を受けて

アジサイが

静かに

咲いていました























京都府立植物園のアジサイ


今年のアジサイも盛りは過ぎようとしています

「京都府立植物園」には約190種・2800株のアジサイを栽培しているそうです。


種類の多さは、さすが植物園ですね

植物園・・と聞くだけでも綺麗・珍しい花・・と期待が膨らみます

早速行って見ましょう。


京阪電車の出町柳駅から徒歩約30分くらいでしょうか

加茂川沿いを上ります。


バスも有りますが、散歩がてらに川風を受けながら丁度良い距離です

植物園は、60歳以上は免許証などの証明が有れば無料で入れて貰えます

これは有り難いですね。





↑  この木立の向うが正門で、うっすら汗をかいた身体に心地よい風が吹いてきます






























滋賀・余呉湖のアジサイ



「余呉湖」のアジサイが見頃になったようです

場所は滋賀県伊香郡余呉町

地図で見ると、琵琶湖の上にあります。


多勢の観光客がわんさと押し寄せるような所ではなさそうです

それが気に入って行って見る事にします。


始めて行く所で詳しいことは分かりません

場所は?・・電車・バスは?・・所要時間は?・・など等

これを調べるのも行く前の楽しみの一つです。


電車の時刻表・乗り換えや周辺の地図をコピーし準備完了

そして早朝の出発です。


早朝の為かほとんどが各駅停車で、2時間30分の小旅行です

急ぐこともありません・・ノンビリ行きましょう。

 









































矢田寺(アジサイ)

矢田寺境内の横から谷あい全体に
あじさいで埋まっています

浅い谷になっており・・

見上げたり 見下ろしたり 囲まれたり
いろいろな角度で楽しませてくれます




↑ この辺りから入ります


↑ 体に触れるくらいの所にびっしり有ります


↑ 上から谷の方へ降りてきます


↑ 谷の底あたり


↑ 谷の反対側もいい眺めです


↑ 谷底に水はありませんが、石を敷き詰めています


↑ 斜面を歌壇のように造った所も有ります





↑ 下から見上げたところ


↑ 日当りの良いところは花も大きいような気がします











矢田寺(アジサイ) 

矢田寺は全体が「あじさい」に囲まれている感じです

境内・裏の山・横の谷間・・・

この三箇所に分けて見ることが出来ると思います

今日は裏の山を見て回りましょう




↑ ここから山の方に入ります、足元に気をつけて!!


↑ 日差しの中で浮き上がって見えます


↑ 日の当たる所はよ〜開いてますわ!


↑ 谷間のあじさい、こんな場所は世話が大変やな〜


↑ 陰陽が面白い光景に・・


↑ 意外な広場が?、周囲にあじさいが並んで・・


↑ お堂と広場、ここで何か行事がありそうな?










奈良・「矢田寺のアジサイ」

今年のアジサイもそろそろ終わりになりそうです
「矢田寺」のアジサイ・・関西では上位にランクされます。

場所は、奈良県大和郡山市矢田町3549
いろいろ評判は聞いていました。

まだ行ったことがないので、行って見る事にしました
いつものように、行き先をインターネットで検索。

電車の発着から乗り換えの回数や時間まで
細かく教えてくれるので大いに助かります。

矢田寺行きのバスの本数が少ないので
バスの時刻に合わせ検索します。

バス、電車の路線や時刻表をさがす
この作業もやってみると結構楽しいものです
決まればコピーして、準備完了。

乗換えが多い時は、途中のトラブルを考慮し
出発駅で1〜2本早めの電車に乗ります。

これは、今までの失敗の中から学んだことですが
気づくのが遅すぎる〜〜〜。



↑ バスを降りるとダラダラの上り坂のようです
  タオル用意、汗拭き準備ヨシ


↑ 入り口に到着、拝観料を納めます


↑ 目の前に長い階段、明日は筋肉痛の予感が・・


↑ 途中にお地蔵さんが、矢田寺はお地蔵さんが多いとか!!


↑ 木立の間から街が見えます、かなり上ったかな?


↑ 階段を上がりきりましたヤレヤレ。進むと本堂です。


↑ 別に坂道の参道も有るようです


↑ 古木と一体になった感のあじさい


↑ 向こうに見えるのは鐘楼です


↑ 苔の付いた木々がいい雰囲気を出しています


↑ 本堂の横あたり


↑ 通路、広場を除く境内一帯にあじさいが咲いています


↑ 裏手、ここから裏の山になります

  (次は 裏の山のアジサイと、谷間のアジサイです)

京都・善峯寺 覆△犬気ぁ

善峯寺は西国二十番札所で
場所は京都市西京区大原野小塩町
広大な山林の中にあります.

今回は、阪急電車京都線・東向日駅から
バスで行きました
バスは一時間に一本しかないので、要注意です.

あじさい園は広いうえに見晴らしもよく
幸い、ほぼ満開とあって素晴らしい眺めでした.

平日のためか、観光客も少なく
ゆっくり見て回ることができました。




↑ 左 バス停にある善峯寺の全景図
  右 この橋を渡り、善峯寺に向かいます



↑ 左 急勾配の坂を上り、東門が見えてきました
  右 ここから「あじさい園」に入ります















↑ 急な斜面にびっしりとあじさいが咲いています




↑ 遠くに町並みが見え、素晴らしい眺めです


↑ 右 内側から見た山門



神戸市立森林植物園(アジサイ)

兵庫県神戸市立森林植物園は
1940年に自然に近い形で造られた樹木植物園です。

園内の詳細・交通アクセスはこちらをご覧ください。

関西でも有数のアジサイの名所と聞き、行って来ました
各地に自生するアジサイが植えられています。

華やかさは有りませんが
珍しい形をしたアジサイを見ることができます。

京阪本線→JR大阪環状線→JR東海道本線
→神戸市営地下鉄→神鉄有馬線・・と乗り換えます。

始めて行くところで、乗換えが多いため
まごつくと余分に時間がかかります・・が
最近、だいぶん要領が分かってきました
要領と言っても、早い話が駅員さんに聞くことです。

群生しているところは少し早すぎたようで
まだあまり色が付いていませんでした。




↑ 入園料300円を払ってここから入ります。神鉄有馬線・北鈴蘭台駅前から無料の送迎バスが出ているのが有りがたいです。


↑ 群生区域はまだ早かったようです


↑ ヤマアジサイ 本州(福島以南の太平洋側)・四国・九州


↑ ヤマアジサイ 兵庫県北部


↑ ヤマアジサイ(ベニガク)


↑ ヤマアジサイ(なでしこ咲き)


↑ ヤマアジサイ系(シチダンカ)


↑ ヤマアジサイ(ヤマベニガク)


↑ ヤマアジサイ系(シチダンカ)


↑ アマチャ


↑ アマギアマチャ


↑ エゾアジサイ


↑ コアジサイ 本州(関東以西)四国・九州


↑ ツルアジサイ 樹が蔓になって大木にしがみ付くように伸びています 

山田池公園・アジサイ


山田池公園では、花しょうぶとアジサイが見頃になっているようです
梅雨の中休みといったところでしょうか
この数日雨もなく、時期もよく絶好の見物日和になりました。

花しょうぶ園や、アジサイ園は水生花園の中にあります
思い思いの場所で写生をしたり、ぶらぶら散策したり。

最近、特に多くなったのがアマチュアカメラマンです
狭い通路で三脚を使っての撮影など、時々見かけます。

いい写真を撮りたい・・気持ちは分かりますけどね
お互い、迷惑にならないように楽しみましょう。





























山田池公園・アジサイ園


山田池公園のアジサイ園です

まだ若干早いようですね

花菖蒲園から少し上がったところに有ります

あまり広くはありませんが

山の斜面に造られており、下には池もあり

散策にはいい所で、写生をしている人もいます





























calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
sponsored links
ハロー!パソコン教室
ハローパソコン教室 公式サイト
みんなのブログ
ハロー!でつながるみんなのブログ
カレンダー
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM