スポンサーサイト

  • 2014.12.13 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


アメリカフヨウ


五月から咲き始めたアメリカフヨウ
ついた蕾は全部開き散りました

これで終わったと思いきや・・
またまた新芽が伸びて、蕾がつき

次から次ぎへと
咲くわ咲くわの花盛り

さすがに花は小ぶりになりました
その方がいいのです

大きくバ〜ッと開くより
小ぶりの方が花らしく見えるから











アメリカ芙蓉


今年もアメリカ芙蓉が咲きました

花を育てるのは下手な我が家にとって
手間のかからない花で
まったく我が家向きと云えそうです

女房が貰って来て植えたのですが
昨季は3本の茎にボーンボーンと
デッカイ真っ赤な花が咲きました

芙蓉のしとやかなイメージからは程遠いもので
女房は気に入っていましたが、私は少々ガッカリ・・・

昨季花が終わって、適当に茎を千切り
そのまま狭い花壇の片隅に放置してました

春になり10本ほどの芽が出てきました

その後たいした世話もしないまま
どんどん成長し、仰山蕾をつけました

そのお陰で 花は小さくなり
可愛いらしい花が咲いています















大乗寺の酔芙蓉(酔いを確かめに)

酔芙蓉は時間とともに 白からピンクに変わるようです
持ち帰り自由の白い酔芙蓉の切花を一輪もらって帰りました

昼頃は白でしたが 1時ごろから色が出始め 
4時ごろには ほぼ全体が綺麗なピンクに染まりました

次第に紅くなる芙蓉で・・「酔」と付けたようですね
どうせなら 綺麗な色の付いた花を見たいものです

あらためて 翌日午後3時ごろ行って見ましたが
行く前一抹の不安が・・天気が悪いし気温も上がらない

不安的中・・悪条件のなか 酔いが回らなかったようです
ほとんどが素面で ほんの僅かがほろ酔い状態でした



↑ 左 階段を上って来て小休止
  右 幾つもの 碑石があります


↑ 左 酔芙蓉観音




↑ 薄く色づいています


↑ このように徐々に色づいていくようです




↑ 後姿もいいもんですね






↑ 今がほろ酔いくらいでしょうか


↑ 横から見るのもいいですね



大乗寺の酔芙蓉


京都・山科の大乗寺の酔芙蓉が見頃になったようで
さっそく行って来ました。

京阪三条駅から、京都地下鉄東西線に乗り換え
御陵駅下車、徒歩約15分

御陵駅で駅員に言えば大乗寺までの案内図が貰えます
駅員が丁寧に図の説明をしてくれましたが
これは大変助かりました




↑ 左 早速酔芙蓉のお出迎え、この階段から上がります
  右 山門から入り、先ずはお参りを


↑ 左 山門を潜ると、このような表示が・・粋な計らいです
  右 一回りしてくると、休憩所があります


↑ 左 ここで休憩させて貰えます
  右 大乗寺オリジナルの和菓子「酔芙蓉」
    抹茶セットで五百円です・・ごゆっくりどうぞ。


↑ 残念ながら、紅は開いていませんでした




















芙蓉

アメリカ芙蓉とやらを貰ってきました花
正式な名前かどうか分かりません!?

芙蓉ということで穏やかな色合いを想像していましたニコニコ
咲いてみると真っ赤・・これは予想外困惑

正直、あまり好みではないくるりん
女房が適当に肥料と水をやっています水

枯れても善と思いきや
新芽が出て幾つか蕾がつき花が開く花

花が落ちる頃には新芽が出、芽蕾がつき花が開く
この繰り返しでくるりん、約三ヶ月間花は途切れない

いつまで続くのか、?まだ蕾はついている
ウ〜ン・・アメリカは強いガッツ











↑ 京都 妙蓮寺の芙蓉(昨年10月)


↑ 京都 妙蓮寺の芙蓉(昨年10月)


↑ 京都 妙蓮寺の芙蓉(昨年10月)

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
sponsored links
ハロー!パソコン教室
ハローパソコン教室 公式サイト
みんなのブログ
ハロー!でつながるみんなのブログ
カレンダー
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM